28歳の僕が鬱になって考えたこと

鬱になって分かったこと、感じたことなど綴っていきます

人から必要とされる事

今日、ある会社から内定を貰った。


未経験の職種ではあるけれど、今までの僕の経験を高く評価してくれて物凄くウェルカムな雰囲気。

前の職場では自分が居る事が場違いのような空気で一杯で息苦しさやストレスしか感じなかったが、今回このような対応をされて久しぶりに人から必要とされる喜びを味わった気がする。


規模はとても小さく、良くも悪くもアットホームな会社。雰囲気は非常に良く感じるが実際はどうなのかは入ってみなければ分からない。


でも少なくとも社長の自分に対する熱意は感じられた。それは素直に嬉しいと思った。


今まで方向性を決められずに前に進めない日々を過ごしていたが、決まった途端にこんなトントン拍子で進めて良いものか…決して悪い会社ではないと思うがこのペースに戸惑う気持ちもあり、会社の規模の小ささに少しの不安も感じる。


ただ、今まで大きな会社に勤めて来て何か大きな物に巻かれている感覚のようなものにはいつも息苦しさを感じていた自分も居る。

仲の良い友人から「会社勤めに向いていないから企業した方が良い」とも言われた事がある。

そういう意味では、今回の小規模な会社で働くことは余計な人間関係や決め事に悩まされることはないだろうし自分にとっては良い気がする。

常に周囲の利益を考える自分は関わる人の数が増えるほど、全ての人の事を考えようとしてパンクしてしまう傾向がある。だったらいっそ人数の少ない組織で働くのも悪くないと思った。


不安は多いが確実に前に進んで居る感覚はある。転職して心の安息が得られる事を期待したい。