28歳の僕が鬱になって考えたこと

鬱になって分かったこと、感じたことなど綴っていきます

未経験の職場に飛び込む怖さ

自分は物作りの仕事がやってみたかった。


でも具体的に何がやりたいと言うことはなく曖昧なまま今に至ったために、結局中途半端なSEをやる羽目になり人の間に入って調整役に徹することになり心をすり減らすこととなった。


学生時代から、自分と向き合うことを避け適当に自分の好きなことをやっていればそのうち何かに巡り合うだろうという良い意味で楽観的、悪い意味で無計画な人生を送ってきた。


休職して改めてそれを考える事になった。初めは自分を誤魔化して適当に楽できる単純作業の仕事を探していた。でもどんな求人を見ても応募に至らなかった。何故なら明確な動機がないからだ。


ここ数日、本当に辛い時間が流れていたがハローワークの人のアドバイスを受けるうちに段々と自分の気持ちが前向きになっていくのを感じた。

最近のハローワークには若年層向けの施設も用意されていて、よくイメージされる事務的な係員と違って非常に献身的にサポートをしてくれる。今回初めて利用してみて少し感動した。


仕事で簡単な金属加工をやる事が多かった事から、ひとまず金属加工を行う製造の仕事に応募してみようと思う。頑張って努力して確かな技術を身に付けて行きたい。


少しずつ前へ進んで行こう。